Un albero ciliegio fiorisce -サクラサク-

此処は、トミーウォーカーが運営するシルバーレイン、エンドブレイカー、サイキックハーツに登録されているキャラのなりきりブログです。 シルバーレイン、エンドブレイカー、サイキックハーツを知らない方はお引き返しください。また、電波文・アンオフィ設定が多いかと思われます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

何があった…?

おかしい…。

前から来てた叔父さん達からの手紙が…まったく来なくなった。

…どういう事…?


向こうが諦めた…?

それならそれで、何も問題ないの…。

でも……何か裏がありそうで。


考えすぎかもしれない…。

けど……。








ぐしゃ…。


桜の暮らしているマンションの屋上で、一人の少女が佇んでいた。


その少女の手にあるのは…いくつかの手紙。


手紙は全て、叔父たちから桜へ送られたもの。
何故彼女が持っているのか詳しい理由など、細かい事は一切分からないが…
彼女が全て回収している事だけは確かである。


少女はそれら全てをぐしゃぐしゃに握りつぶした。



「……そろそろ…時期か……」



小さく呟くと、手にしていた手紙全てを燃やし始めた。

燃やされた手紙はそのまま風に乗り、どこか遠くへ飛んで行った……。

飛んで行った手紙は燃え尽き、灰となり……。

関連記事
スポンサーサイト

| 秘密手帳 | 2009-12-29 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。