Un albero ciliegio fiorisce -サクラサク-

此処は、トミーウォーカーが運営するシルバーレイン、エンドブレイカー、サイキックハーツに登録されているキャラのなりきりブログです。 シルバーレイン、エンドブレイカー、サイキックハーツを知らない方はお引き返しください。また、電波文・アンオフィ設定が多いかと思われます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

久しぶりに届いた手紙、それは…

「え……?」

学校から帰宅し、いつもの様にポストを覗いた桜。
中に入っていたのは…一通の手紙。
封筒にも何も入っていない…ただ便箋一枚が入っているだけだった。







あそこで中を確認しても良かったのだが、何故か開いてはいけないと思った桜はそのまま家まで持ち帰った。
荷物を片付け、便箋を開く底に書かれていた名は…

「……叔父さんから…?」

何故、これだけが?
11月の終わり頃からまったく来なくなった手紙。
今まではちゃんと郵便ポストから投函されていたというのに…。

何故、直接入れに来た?
しかも…むき出しの手紙を。

「…………。」

読むのは恐い…でも、何故直接入れに来たのか分からない…。
その答えが書かれているとは限らないが。




桜へ。

銀誓館学園へ通い始めてもうすぐ4ヶ月がたつ…。
初めて通う学校はどうかな?…楽しいかい?




そこに書かれていたのは、桜を気遣う言葉ばかり。

その手紙を読んだ桜は酷く混乱していた。
側でぴよ真が鳴いているが、それすら耳に入らず。
桜はそのまま続きを読んでいった。
どうやら、叔父は叔母と離婚したらしい…。
今、桜が引き取られ長年過ごしてきた屋敷に居るのは叔父だけ…。
あの広い屋敷に一人で暮らしているらしい。
それだけでも驚く事なのに…最後に書かれていた言葉に、さらに驚愕するのだった…。



きっと君は私を怨んでいるだろう…。
怨まれて当然だな…私は、君に許されない事をした。
だが…もし、君に少しでも私の事を許してくれるという心があるのなら…
…こちらの屋敷へ戻って来て、私と一緒に暮らさないか?




「……どう、して……?」

何故?何故今になってこんな事を言ってくる?
今までの行為に対する深い謝罪の言葉。
そして、一緒に暮さないか…と。

「……ぴ」
「…ぴよ真、私…どうしたら、良い、の、かな………?」

そのまま、力なペタリと床に座り込んだ桜。
机の上に居るぴよ真が、桜を心配そうに見る。

わからない…。だって、なんで?
なんで、今更。こんな事言ってくるの?

叔母さんと離婚した事は分かった。
私のお父さんとお母さんが残した遺産についても、どうなってるのか分かった。


だって、私は化け物で。

            ― 違う。私は一人の人間。麻倉桜という名の。

叔父さん達にはいらない存在で。

            ― 私を必要としてくれる人たちが、仲間と言ってくれた人たちがいる。


行き場のない感情が、胸の奥で渦巻く。
どうすれば良いのか、答えが見つからない。
ずっと、頭の中でぐるぐると回っている。


― ………自分は、どうしたい。


ふと、そんな言葉が聞こえた気がした
自分は、どう…?


― 自分のどうしたいのか。それが分かれば、答えも見つかるだろう。


……???
聞こえた声に疑問を覚えつつも、自分がどうしたいのか考えてみる。


― 私は、私で。

― 大好きな人たちがたくさん居て。

― そう、だよね。

独りは寂しいけど、独りじゃない。

今の場所が私の居場所。
たくさんの人が勇気付けてくれて、大切なことを教えてくれた。
今だって、支えて貰っている。

正直、叔父さんの言葉が本当だと思えない。

…もしかしたら本当なのかもしれないけど。

でも、不思議とこの手紙からは悪意が見られない。

…けど、叔父さんの屋敷には戻らない。

「………一応、お返事、書こう…」
「ぴー♪」
「あ、でも便箋と封筒買ってこないとない……」
「Σぴ!?」

謝罪の手紙を読んだからか…少しだけ、桜は心が晴れた気がした。

桜は、一度脱いだコートを着直し、マフラーを再度付け、ぴよ真を連れて出かけた。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

Σぐはっ……!記事書き途中で保存→記事掲載するとは…!
しかもそのミスに気付いてなかったとかどんだけだ私…!(泣
っていうか、その後文章書き直してたらフリーズして動かなくなるし…

あー…また何時もみたいに電波文…(涙。
少しは、叔父たちとの関係を展開(?)させたかったから書いたけどー…。
早すぎる展開…!?(←書いた本人が言うな

……まぁ、良いか。
どうせ私だ←
これが私の限界だー!(←少し黙れ。


とりあえず要点(?)

・叔父(桜父の弟)から桜への謝罪の手紙
・叔母と離婚した事
・桜の両親が残した遺産について(→叔父が全部管理しているらしい
・屋敷の戻って来ないか?(=一緒に暮らそう

……駄目だ。眠い
眠い頭で書いても文章纏まらないですよねー…;

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
関連記事
スポンサーサイト

| 秘密手帳 | 2010-01-12 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。