Un albero ciliegio fiorisce -サクラサク-

此処は、トミーウォーカーが運営するシルバーレイン、エンドブレイカー、サイキックハーツに登録されているキャラのなりきりブログです。 シルバーレイン、エンドブレイカー、サイキックハーツを知らない方はお引き返しください。また、電波文・アンオフィ設定が多いかと思われます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

それは彼女の叫びなのか



感情なんていらない



感情なんてなければ、こんな哀しい思いもしなくてすむ



感情なんて壊れちゃえばいい



私は孤独人形



主達に命じられたままに動くだけの人形



感情など…不要な物









真っ暗で、光一つ差し込まない部屋……。

この部屋で過ごすようになってから一体どれくらいの月日が流れた?

わからない…。

もう随分と長い間ここにいる気がする。





前まではどうしてここに入れられたのかわからなかった。

でも、最近はなんとなくだけどわかってきた。


 私 が 化 け 物 だ か ら 


私が持っている不思議な能力<<チカラ>>で人を殺したから…。

だから叔父様と叔母様は私をこの部屋に閉じ込めた。

自分達が殺されないように。

でも私は殺していない。

私にも何が起きたのかわからないのに…。

誰も信じてくれなかった。



最初の頃は泣いていた。


ここは怖い…。

一人は嫌だ。

殺さないから出して欲しかった…。


でも、その願いは聞き入れられなくて。

泣いて、叫んで、助けを求めた。

けど誰も助けてくれなかった。


ある時、叫ぶことをやめた。

―ダレモタスケニコナイカラ

またある時は泣く事をやめた。

―ナミダガカレタ

そして最後に…人を信じなくなった。

―ダレモワタシヲミテイナイ


生きているのか死んでいるのかわからない。

主である叔父様と叔母様の言う通りに毎日働いた。

日の光は確かに見ていた筈なのに。

何も感じなかった。


心に残っていたのは、

「イタイ」と「コワイ」だけだった…

イタイのに。

コワイのに。

でも涙は出ない。

だって、涙は枯れちゃったから。




ただ、ただ震える体を抱きしめているだけ。

体のどこかを怪我してもそのまま。

どんな酷い痛みでもそのまま。

自然と治るのを待つしかなかった。



死んだ方が楽なのに。

ねぇ…誰か殺してよ。

だってその方が良いんでしょう?

私は生れて来てはいけなかったんだから。

他人を「不幸」にしたんだから。

だったら…早く殺して。




死ぬ事はいくらでも出来た。

でも…怖くて出来なかった。

私はどうすれば良いの…?

存在してはいけなかったのなら消えれば良い…。

けど死ぬのは怖い…。


 シ ニ タ ク ナ イ ヨ … … 


人を信じるのは止めた筈なのに。

まだ心のどこかで叫んでる。


 ダ レ カ タ ス ケ テ ヨ … 


苦しい…。

どうすれば良いのかわからない。

生きていて良いのか。

死ねば良いのか。


心があるから、こんなに苦しいの…?

叔父様と叔母様は「心を捨てろ」と言っていた。

もう…どうすれば良いのかわからない…。

心を捨てようとしてもまだ残ってる。

完全に捨てられていない…。


ワタシハドウスレバイイノ…?

ダレカオシエテクダサイ……。
関連記事
スポンサーサイト

| 過去 | 2009-11-08 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。